案内する男性

高齢化の時代、介護関係の仕事を希望する人達は多くおり、求人数も多くなっています。
どういった人達がおり、求人が出されているのかを知っておくことは必要なことです。
まず、ヘルパーという種類の人達がいます。
これは、利用者に直接介護をする人達です。
ヘルパーの代表的資格には、ヘルパー2級と1級があります。
学校や研修期間で、それぞれ必要時間の授業を受講すると、資格がもらえるようになっています。
一方、ケアマネといわれるケアマネージャーは、利用者のニーズをくみとり、現場のサービス調整を行う立場の人達です。
ケアマネは実務経験が最低5年必要です。
また、ケアマネ試験を受験するための資格も必要となっています。
ケアマネの試験は国家試験ですので、難易度が高く、合格率も20%前後となっています。
ケアマネの求人募集されるところは、全国の福祉課や福祉事務所、老人訪問看護ステーションや在宅介護支援センターといった公的機関、さらにはケアプラン作成認定を受けた介護事業所や、各地域の社会福祉協議会、有料老人ホームといった民間施設等になっています。
ケアマネは、ケアプラン作成にあたり、基本的な事務能力やスケジュール管理能力が必要となります。
医療の専門職であることから、医療関係の仕事をしていた人たちや、社会福祉士の資格を持っている人達が有利だといえます。
そして高齢者等の話を聞いてあげ、穏やかに理解をしてあげれるような、優しい人柄の人達に向いている職業です。
資格取得も難しいため、この資格を得ている人達は、勉強の点でも、人柄の点でも優秀な人達です。
自信をもって、求人情報に対応することが出来ます。
ヘルパーの人達も、ヘルパーとしての実務経験を積みながら、社会福祉士、ケアマネと進んでいくことも可能ですので、ヘルパーの時期の実務経験や年数、次に向けての目標をもった勉強を重ねることで、さらに責任のある、やりがいのある立場になれます。
希望や夢の膨らむ期間です。

歩行訓練

介護・福祉業界は高齢化社会が進行している現代社会においては非常に活気のある市場であり、多くの企業が施設の立ち上げを盛んに行っています。
そのため、求人情報に関しても多くの関連職種が募集されており、その中でも常に人員不足で悩まされているケアマネやヘルパーはどこでも求人情報が掲載されています。
そんなケアマネやヘルパーは求人情報が多いために転職しやすくなっていますが、その求人情報の探し方としては多くの方法があります。
一般的には職業安定所などを頼って探す人が多いですが、近年取り上げられている取り組みやトレンドとしては、インターネットなどでも掲載されている介護職専門の転職支援サイトを利用するというものがあります。
取り組みとして注目されている理由としては、一般公開されている情報以外にも会員になることで閲覧できる優良な非公開情報があるため、ほかの求職者と差をつけることができますし、転職の情報収集の幅が広がるという点が挙げられます。
また、コンサルタントがサポートをしてくれるのですが、介護や福祉の分野に関する知識をしっかり持ってくれているので話が通じやすく、相談しやすいという点も非常に重要なメリットになります。
そして何より、担当する施設の内情などをリサーチできるので、事前情報の収集も可能となっています。
特にケアマネやヘルパーは仕事が忙しく不定期な業務であることが多く、なかなか転職活動を進めることができないという人も多いです。
そのため、コンサルタントが希望にマッチする求人情報をピックアップしてくれたり、面接の段取りを決めてくれたりとサポートをしてくれることで、仕事をしながらと言う時間がない状況でも安心して転職活動を続けることができます。
これらのことから注目を集めるようになっており、介護職専門の転職支援を行う企業も増えてきています。
それが結果として取り組みやトレンドの最新となり、多くのケアマネやヘルパーの転職支援を行うようになっています。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031